お悩み04

【サイトのお問い合わせを増やしたい】

見込み客育成の仕組みを
作りたい

0から1を
作りたい

見込み客(サイト閲覧したが、受注・契約・購入まで進まない)は
背中を押してあげる仕組み作りを見込み客を大きくグループわけして、
メルマガや営業で囲い込めれば、成約率に貢献できます!

見込み客といっても、サイトを訪れたばかり、サービスに魅力を感じてくれる人、来店してくれた人、
商談した人、商談途中で断りが入り止まってしまった人など、様々です。
また、どの商品・サービスに関心があるかなども含めると、グループ分けは大変です。
しかし、グループ分けと個別対応の後押しパターンが仕組み化できれば、
継続的に受注効率が改善される財産になります。
後追いの仕組みが財産になれば事業運営側にとってとても魅力的です。

マーケティングオートメーションやCRMと呼ばれる顧客管理システムを駆使して、仕組み化します。

見込み客育成はこんな業種が特に相性が良いです

01
住宅メーカー・マンション販売
02
BtoB商材
03
美容
04
ECサイト・オンラインショップ
05
その他

客単価が高い商材
契約・制約まで時間がかかる商材
営業マンの商談役割が大きい商材

問い合わせ効率を引き上げる手段は他にもございます。

問い合わせ効率を引き上げる手段は他に

もございます。

◎切り口を変えたい。

→問い合わせのきっかけはイメージ・ビジュアルに左右する 「切り口を変えたい」をご覧ください。

◎広告・サイト戦略を見直したい。

→長く運用していると、市場の変化・自社商品の立ち位置の見直しをかけたいときも「広告・サイト戦略を見直したい」をご覧ください。

Contactお問い合わせ

デザイン・製作・広告運用について、事業改善・マーケティングについてなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム